スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不景気について思うこと

最近不景気ですね。
こういうとき、音楽業界やゲーム業界のような娯楽的要素は、
真っ先に煽りを受けるんじゃないかと思います。
どちらの業界も同じく、"若い可能性に投資をしてくれる誰か”という
ある種整備された道のようなものがあります。
もちろん自分もそれに乗っていきたいわけですが、
これからの時代、それが無くなってしまうかもしれません。
好きなことを仕事にするというのは、
景気の良い世の中だからこそ存在するものなんじゃないかと。

『人がお金を払う音楽とはどういうものか』

しっかり、見つめ直さなきゃいけないと思います。

お金、というと汚い響きに聞こえるかもしれませんが
社会全体が不景気になってしまえば
なんとなく『自己満足でクオリティ高いだけの曲』
だけじゃ誰もお金を払ってまで聞こうと思わないって事です。
お金を出してまでその人を雇おうと思わない、ともいえます。

ここまで出来ればプロになれるだろ、という指数すら存在しなくなるわけです。

自分もそうですが、業界全体が気を引き締めていかないと。
と、思います。

コメントの投稿

非公開コメント

ttp://yaruomatome.blog10.fc2.com/blog-entry-257.html
↑これを読んだら、
人が金を払うというのと、自分が満足する、
というのの違いを妙に感じました・・・
でも長いです(笑)

どうやったら儲かるかはともかく(笑)、
仕事でやるならば、
「どうやったらウケるか」はちゃんと考える方がいいのかなぁ、
と思いました。

どちらにせよ…私は仕事にはしたくないので、
他人事のようになってしまいますけれど^^;

>>あめさん

やwるw夫w
このシリーズけっこうタメになること多いですよね。

『どうやったらウケるか』はもちろん、重要な要素ですよね。
それこそ、自分が満足しつつ、
相手も満足するような音楽が理想の形なんじゃないかと。

不景気不景気って騒ぎ立ててしまうから、
それが人へかえって不安を煽ってしまって
逆効果になる場合もあるかもしれないですよね…。
負の連鎖ーヾ(*`Д´*)ノ"

どのような状況下であっても、
必ずやその道を通っている人が一人でもいるということを考えると、
まだまだやるべきことはあるなーと思えます;

『人がお金を払ってもらえる』ということは、
その職業で働く以上は考えないといけないと思っていました。
お金って自分がしたことに対する評価が、
形として最もわかりやすく現れる気がするので、
全くもって汚いことじゃないと思いますよー。

特にBGMって映像を元にして、音楽を作るわけなので、
その映像に対する漠然とした理想は、
制作するチーム内の最初の作る段階ですでにありそうですよね。
『ウケ』なければ、まずは最初の段階すら通ることができないかも…。

>>モニモニ
負の連鎖・・確かに!
まぁ、俺の場合頑張らなきゃあかん!と必死になるからかえって良いのかも・・w

『人にお金を払ってもらって曲を作る』
って、冷静に考えてみれば凄いことだと思いません?
冷静に考えなくても凄いか・・・。
こんな凄いことが、当たり前になってしまってはいけないと思うのですよね。
ちゃんとそれを自覚して、必死にならんと・・。

ちなみに、最近思ったことが
まずは製作チーム内で内輪ウケするのも大事かなとw
なにせ、発売する前の曲の審査基準はチーム内の人なわけですから。
最新記事
Twitter

huyumushi < > Reload

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。